くさび緊結式足場(テック仕様)

工期の短縮とコストパフォーマンスに優れた工法

  • 社団法人仮設工業会認定品。
  • 475ピッチ採用で作業床高さ1.9mでヘルメットを被って屈まずに歩く事が出来ます(平均身長対象)。
  • 組立時間が短縮できて、仕上がりの外観もきれいです。
  • 部材はすべて雨やサビに強い溶融亜鉛メッキ仕上げです。
  • 手摺り先行工法(ロック金物固定)か通常施工(クサビ摩擦)かを選択できます。
  • 部材の一時的な取り外しが、施工時でも簡単に行えます。
  • ご注意:施工時は若干音がうるさい為、近隣の住民の了解を必要とします(通常手摺り使用時のみ)。
  • ご注意:台風や地震の多い地域では倒壊の恐れがあるため、より強固なブラケット式をお勧めします(通常施工のみ)。
  • 製品仕様

当社独自の安全基準で大筋交い・頭つなぎを標準化

テック式足場は、誰にでも施工できるシンプルな構造が特長。工期も比較的早く好評です。

※テック式足場とは、クサビ式足場のテックビルド仕様のもの。各社により仕様、使い勝手が異なります。
※よくみかけるクサビ式足場は施工時に騒音が発生したり、突然の気象悪化時に、降雨による地盤沈下や強風により部材が外れ、足場倒壊の危機があります(一部、抜止め機能を用いた足場を除く)。テックビルドではリフォームやアパートなどの現場に限定してお勧めしております。



低層住宅に最適


クサビ式先行手摺工法


現場養生用テントとして


確実に足場を支える熟練の施工

先行手摺工法用として

低層住宅現場での堕落災害は全建設労働災害の中で最も多く、永年の課題とされてきました。今後は国土交通省からの発注案件に義務付けられている手摺先行工法の使用が民間工事にも波及し、足場工事にには必須になると考えます。テックビルドでは、その施工ノウハウを習熟するためにクサビ式足場より各地で施行を行っています。

積雪養生用テントとして

積雪・降雨の多い地域では、全天候・通年施行を目標に、建設用の足場施行の前の基礎施工から快適な現場環境を提供できる様、現場養生テントを用意しております。冬季の積雪地域でも工期が遅れることなく施工でき大好評です。

※住宅資材が少しでも雨に濡れることなく現場で保管できる資材ラックもございます。


詳しくはお近くの営業所まで。アクセス・お問い合わせはこちら

このページの先頭へ